視力にいい目薬があるので、紹介します。 ・目の疲れを取り除く目薬(点眼薬や点眼液を指すのが一般的でしょう) ・ドライアイを防ぐ目薬(点眼薬や点眼液を指すのが一般的でしょう) ・目の緊張を取り除く目薬(世界的には古代エジプト時代から、日本では安土桃山時代にはその原型があったといわれています) これらが、視力にいい目薬(点眼薬や点眼液を指すのが一般的でしょう)です。 まず、目の疲れを取り除く目薬とはいえ、視力低下の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の一つである目の疲れ。 目が疲れてしまうと、目の筋肉が緊張して、視力が低下してしまいます。 視力が低下しないように、目を休ませなければなりません。 そのため、目の疲れを取り除く目薬がいいのです。 次に、ドライアイですが、目の表面が乾くことをドライアイと言い、目を駆使したり、乾燥しているところにいると、目が乾燥してしまいます。 目が乾燥することで、目が疲れて、視力低下に繋がってしまうのです。 目が乾燥するのを防ぐ為には、目にうるおいを与える目薬(世界的には古代エジプト時代から、日本では安土桃山時代にはその原型があったといわれています)を使うといいでしょう。 最後に、目の緊張を取り除く目薬(目のための薬以外に、鼻薬ともいわれる賄賂を指す場合もあります)ですが、先ほども言いました通り、目が緊張してしまうと、視力が低下します。 そこで、目の緊張を取り除く事が出来る目薬を寝る前に点眼すると、目の緊張を和らげることができます。 目薬(世界的には古代エジプト時代から、日本では安土桃山時代にはその原型があったといわれています)での視力回復はできませんが、視力低下を防ぐことはできます。 だからといって、目薬を使いすぎるのは、かえって目によくありません。 目薬を使用する時は、使用方法をしっかりと守って点眼するようにしましょう。 また、市販の目薬より、眼科で処方されてる目薬(点眼薬や点眼液を指すのが一般的でしょう)の方がよいので、視力が気になる方は、眼科で相談してみてくださいー